2017
04.22

道の駅ふじおやま

Category: 旅行   Tags:道の駅ふじおやま
先日、富士霊園に行ったわけですが、その帰りにご飯を食べよう、ということで寄ったのが、「道の駅ふじおやま」でした。

富士小山

こんなんあるんですよw そうか、鉞担いだ金たろさんはここだったのか。
反射的(?)に「あれ、岡山じゃな…いわ、それ桃太郎だわ」と呟いたのはご愛嬌。
だって、ほら、似てるし←

思わず撮ってしまいましたが、あとで見たら富士山映り込んでるw
どっちが被写体だかわかりゃしないわw


しかし、ここのお食事処のごはん、美味しいです。
ラーメン苦手なはずの父が、「ちょっと手伝ってやるよ」とかほざ…言いながら、珍しく手を出してくるほどには美味しかったんですきっと。
母曰く、「まさに『昔ながらのしょうゆラーメン』を食べた」と絶賛してました。
わたしは担担麺でしたが、とても美味しかったです。

ちなみにカツサンドを注文したら、何だか妙に時間がかかりました。
他のはそこまで遅くないのに、サンドイッチに何でこんな時間かかるんだろ?と。
まさかねー、と思いつつ確認してみたら、

「受けてから揚げるもんで、もうちょっと待ってくださいね」

とのこと。

…まさかの予感的中でした。
カツサンドは揚げたてサクサクのカツに、ソースがじんわり染み込んでました。
出来立てのあっつあつでした。
他が食事は終わっていたので、申し訳なくも「持ち帰りできるように、パックか何かに入れて頂けませんか」とお願いしたところ。
快くパックに詰め直してくれました。もうお皿に盛りつけたあとだったのに。

「お待たせしてごめんなさいね」

いえ、とんでもない。こちらこそ、
ありがとうございます。


謝罪もすべきだけど(ちゃんと申し訳ないです、という気持ちは伝えたつもりだけれども)、それよりも「感謝」したいのです。
ただ「できません」と言わず、対応してくれること。
その気持ちと行動に、「ありがとうございます」と、伝えさせてください。

blogramのブログランキング

Comment:0  Trackback:0
2017
04.21

「弥生の空」ではないけれど

Category: 旅行
昨日、富士霊園へ行ってきました。
当然会社は有給消化で。

お茶時期にこんな暴挙に出たのは初めてですわー(^^;
今年は遅い遅いとさんざん言ってきましたが、このままでは本当にGW後の出荷となりそうで…

じゃあまだ余裕あるんじゃない?とのことで、行ってきました。
18日が満開だったそうなので、もう終わっちゃったかなー、と思いましたが。

どーん。
2017419

綺麗でした

blogramのブログランキング
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
04.18

生花のバラ

Category: 日常
「好きな香りは何ですか」と聞かれたので、一瞬、昨日飲んだ生絞り林檎ジュースを思い出しました。
既製品にありそうな名前ですが、そうじゃなくて。本当に、生の林檎をすりおろし…てはいないか、ジューサーにかけたような、あれ。
あれが好きです。

個人的に「バラの香り」は好きではないです(あれ、)
ローズなんちゃら、とか名前がついた香りは、たとえそれが柔軟剤であろうと、好きになれない響きです。

小・中学生の頃、花屋を営んでいた同級生の家に何度か行きました。
とはいえ相手は男の子。別にままごとしにいったわけじゃあないです。
ただ、バラ園に入れてもらうのが好きだったのです。
あとは母の日にカーネーションを買いに行ったけれど、基本的には「見てるだけ」でした。

今思えば、とんだ迷惑小娘でしたね。
邪魔にはならないように、間違っても花に触れないように、気を付けてはいたのですけども。


瑞々しいバラ園の生花たちは、当時から小さかったわたしの背でも届く位置にもあって。
顔を近づけて嗅いだ花の香りは、「馥郁たる」とはお世辞にも言えないものなのですけれど。

あ、いい匂い。
好き。

そう思えたものだったのです。



…あれ、バラも林檎科だったか?

blogramのブログランキング


Comment:0  Trackback:0
2017
04.13

新茶のおひたし

Category: 日常   Tags:新茶
鹿児島県種子島産の新茶です。
今年は全国的にお茶の芽伸びが悪く、遅いと言われた昨年よりもさらに、1週間ほど遅れが生じているようです。
静岡も例外じゃないですよ。

まあ、今年は桜も遅いんですけど。
お茶と違って桜は開花時期やら開き具合やらも話題にしてくれるので、その辺を聞き及んでいる場合は、こちらとしてもお話がしやすいのです。
「ああ、寒くて桜も遅いもんね。お茶も遅いんだね」という具合に。

どんな形であれ、ちゃんと話ができて納得してもらえるのなら、万々歳ですよ。


さて、鹿児島県種子島の新茶を飲みました。
そしてこれ。


手摘みのお茶に限らずですが、若いうちに摘んだ茶葉は柔らかく、おひたしでも美味しいのです。
天ぷらにしてもいいけどね。
どうせなら、本当にやわらかい茶葉でしか楽しめないおひたしが良かった。

変えたばかりのスマフォに苦戦し、思うように写真は撮れず、ちくせう、ではありますが。

さっぱりする苦みがあって、美味しいんです。
写真は美味しそうに見えないけど。
ほんとだよ!

blogramのブログランキング

Comment:0  Trackback:0
2017
04.12

「お客様のおかけになった電話番号は、確かにお間違いございません」

Category: 日常
しかし、弊社は珈琲メーカー社でもなければ、新聞屋でもありません。
相手先のお電話番号をお確かめの上、お掛け直しください。


…的なことを、いつまで言い続けなければならないのかな?
いや、それは別にいいんだけど。

じゃあその新しい電話番号は? と仰られましても、申し訳ありません。
存じません。

他社製品について弊社に問い合わせを頂いた揚句、
「じゃあそこに電話して伝えておいて」と言われましても、
申し訳ありませんが、ご希望には添えられません。

頻繁に起こることではないとはいえ、そういう電話を受けるたびになんとなく気まずいものです。
特に「留守にするので新聞止めといてください」という留守電。

すみません、うち新聞社じゃないし無理です←


最近、自分でも何を書いてんだか、と思います。
取り敢えず継続は力なり、です。

あなたのご訪問に感謝。

blogramのブログランキング

Comment:0  Trackback:0
back-to-top