FC2ブログ
2012
10.25

ポリフォニー、だと。

思わず意味を調べてしまった。

曜日感覚が遠のいているるなはなです。
今日って木曜日だよね…我が社はノー残業デーでした。
昨日その分ちょっと残らせてもらったから、今日はおとなしく帰ろう。

さて、バトン見つけまして。
短い間ではありましたが、一応合唱部に所属していたもので、つい答えてみました。

今にして思えば

「あんたたちは日本語の歌は下手くそだし、英語はカタカナ英語だし、何とかなんないの?!」

と呆れ交じりに怒って(るように見えつつ顔は笑ってた)た顧問の先生が懐かしいです。
最初はあの先生怖かったんだけどな。
先生を見てた時、まるで仮面つけてるみたいに、ぼーっと白く浮かんで見えたことがあって。
ついでにいうと音楽室もちょっと不気味で。
最初にのぼった時は、頭がくらくらしてたんだった。並んでいる先輩たちがものすごく遠くに見えて。
どんだけ広いんだこの部屋!? って内心きょどってたんだった。

…そんな思いしたくせに、なぜかしっかり入部してたわたし。
誘ってくれた(なぜか入試の日にな!!)先輩、ありがとう。

では、以下バトン

blogramのブログランキング ←ついでにぽちりお願いします。

♪合唱好き集まれーバトン

Q1 さぁ、始めますよ?
A1 いつでもどうぞ。
Q2 合唱暦はどのくらいですか?
A2 3年半、くらいかな。
Q3 所属パートは何処ですか?
A3 メゾソプラノ。 ここ以外歌ったことなかったなぁ。
Q4 所属している(た)所は混声ですか?それとも?
A4 女声です。女子高だったからね。
Q5 合唱曲で好きなジャンルは何ですか?
A5 日本語の歌詞は難しい。でも、意味がわかる方が歌うのには好きだった。
Q6 ポリフォニーを歌ったことがありますか?
A6 ない、ですね。
Q7 どんな曲or作曲家を歌いましたか?
A7 ミサ曲、黒人霊歌、谷川俊太郎。「天使にラブソングを」からも歌いましたねー。
Q8 ア・カペラと伴奏付の曲ならどっちが好きですか?
A8 む・・・(・へ・; 伴奏付きは楽でいいね。
Q9 好きな合唱団ってありますか?
A9 いえ、特に。そっちにはあんまり興味ないです。
Q10 好きな曲or作曲家はいますか?
A10 ミサ曲は不協和音から和音へがうまくいくととてもきれいで気持ちがいい。
Q11 挑戦してみたい曲or作曲家は何ですか?
A11 日本語の歌は難しい。でも、谷川俊太郎さんの詩は複雑でおもしろい。
Q12 コンクールって出ましたか?
A12 出てました。後輩に発破かけるために、引退直前まで。
Q13 結果はどうでしたか?
A13 一応先輩としての威厳は保ちましたよ。6人くらいしかいなかったけど。
Q14 コンクールで何か思い出はありますか?
A14 高校最後の年に、昨年果たせなかったことが現実になったこと。
Q15 合唱をやっていて楽しかった思い出を教えてください。
A15 興味のなかった友人が演奏会にきてくれて、「よかったよ!」と嬉しそうに言ってくれたこと。
Q16 逆に辛かった思い出も教えてください。
A16 評価内容は良いのに順位が悪くて、賞を逃したこと。唖然としたし、憮然としたし、しばらく腐ってた。
Q17 何かメッセージがありましたらお願いします。
A17 後輩の演奏会とか手伝いに行くと、自分も歌いたくなりませんか。

スポンサーサイト



Comment:4  Trackback:1
2010
11.26

目を合わせないのは大得意です。

Category: 日常   Tags:合唱
その時が楽しめれば、全ては嘘でもいいんだろうか。


健康診断の結果が出て、「ああやっぱりね」と納得したるなはなです。
再検査なーし やっぱ血採らなければ大丈夫だよ、うん(多分違う)
そんでもってちょっとスルーするとこでしたが、テンプレート秋っぽくしてみたよ。
巨大文字を使う記事がわんさかあるので、それが崩れちゃうテンプレートは使えません。なかなか「これだ」ってのがなくて、ずっと変えずにきましたけどもね。
また戻すと思いますが、今はね。


さて、今年、母校が創立100周年を迎えるそうですよ。
実はそんなに年季の入った学校だったのかと、かるーく呆然。
そういえば、入学の年が60周年記念とか言ってたっけなぁ……入学した年にそんなこと言われても、いきなり「卒業後の進路決めろー」って言われるのと同じくらい実感わかないよね(何か違う)

合唱部から、今年も「定期演奏会手伝えやこら、どうせ暇なんだべ?」てなお手紙がきました。

…はい、うそです。こんなにガラ悪くありません。暇なんだべ? なんて聞いてきません。

合唱ねー…

嫌いじゃないんですが…いや、結構好きなんですが、やっぱりがっつり取り組めるかといえば、ちょっと違うんですよねー…
歌うのは好きだし、たとえ大勢にまぎれてたって、自分が気持ちよければ幸せなわけですよ。
個人個人の思いなんて、アンサンブルでもない限り届きゃしないもの。
合唱団体の、知りもしない1人の歌い手さんの声にだけ、耳を傾けるなんてことしないもの。

だからこそ、わたしは歌いたい歌を楽しめるんだけど。

よさこいをやめてしまったので、3月は予定がありません。
やってたときはがんこ祭りがあったからね。練習もしてたしね。

でも、疾風怒濤はなくなってしまいました。
きっぱりすっぱり、解散したんだそうですよ。
メンバー募って、夜桜乱舞に出ようっていう企画は立ち上がったらしいけど。


…それはさておき、合唱となるとどうしたっているわけですよ、元同級生が。
はっきり言って、参加してる人なんてほとんどいないけど……いないわけじゃないんだよ。

わたしは、それが何だかとっても重たいのですよね。


歌は好き。
世の中にはこんな歌があるんだ、と教えてくれた合唱部が好き。
歌い方を教えてくれた先生たちが好き。
みんなで歌ったあの舞台が大好きだった。


でも、毎年やってくるそのお誘いが、ちょっと重たいと思ってしまうのも、本当だったりするのだ。
顔を突き合わせると、「久しぶりー!」とか、「元気だった?」とか「今何してる?」とか。
1年に1度しか会わないくせに、毎年繰り返されるそういうノリが、嫌いなのだ、わたしは。

だってそれは、それだけお互いに関心がないってことだろう?


歌いたいなぁって思う歌がたくさんあるけど、会いたくないなぁって思う人もいるんだよ。

さぁ、比重はどちらに傾くのかな?


blogram投票ボタン


Comment:0  Trackback:0
back-to-top