FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
07.04

気の持ちよう

Category: 思考・感覚


 ……とは言うものの、それを実感したりしなかったりする。

「笑う門には福来る」とも言うけれど、自分で苦いと思う笑顔でも、福は呼び込めるんだろうかとどうでもいいことを思ったりする。

「君たちはいつも楽しそうでいいね」
 それはきっと褒め言葉で、わたしもそれを悪い気持ちでは聞かないのだけれど、彼女はどうなのだろうと、ふとした時に思う。

 戻ってきた単調と、先への不安と、覚えてしまった生温さ。
 何処まで甘えているんだろうと思う。



 仄かな違和感と、居心地の悪さ。
 他愛のないおしゃべりと、心地良さ。
 笑えることの、幸福。

 何時まで続くのだろうという、不安。
 いつまでこうしていられるのだろうという、期待。

 苛立ちと、安堵。

 逃げ出したい願望と、其処に居たい願望。
 知りたい好奇心と、それを蔑む嘲笑。


 わたしはきっと、今とても幸福で。
 この手が記す言葉はとても残酷。

 矛盾だらけの世の中と、矛盾だらけの心。

 明日もきっと、君となら笑える。いつだって。

トラックバックURL
http://gekka131.blog75.fc2.com/tb.php/106-b7654673
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。