FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
02.18

「空とぶうさぎ」


……という、タイトルの歌を聴いたことはないでしょうか?
全盲の13才の少女が書いた詩に曲をつけたもので、ボニージャックスの車いすのコンサートのメインテーマとして必ず歌われているそうです。
来月、わたしの母校の合唱部が、創部60周年の定期演奏会を行います。
この「空とぶうさぎ」は、その時にわたしたちOGを含めて歌う、大切な1曲です。



前半の歌詞を歌っているとき、わたしはどうしても、泣きそうになります。
見ないふりをしていたことを、否応なく、突きつけられる気がするからかもしれません。
今更のように、見えなくなった原因を、憎みたくなるからかもしれません。
あっさりと現実を受け入れた当時の自分が、歯痒いのかもしれないし、羨ましいのかもしれない。

すべては済んだことなんですけどもね。

本当の意味で理解することはできなくて、それが正しいとも思っていなくて、
じゃあ、わたしはこの歌を歌うとき、どんな気持ちで歌えばいいんだろう。
自分の立場に置き換えたらいいんだろうか? それとも、あくまで今の自分の立場で見ればいいんだろうか?
いろいろと考え出すと止まらなくて、でも流すようにだけは歌いたくないから。
少しでも、聴いた人たちの心に引っかかればいいな、と思います。
何かをしろ、思え、というわけではなくて、この少女のような、こういう心があることを知ってもらいたい。
トラックバックURL
http://gekka131.blog75.fc2.com/tb.php/59-9d8f51fd
トラックバック
ジャックスジャックス* ジャックス (信販) - 株式会社ジャックス* ジャックス (バンド) - 1960年代後半に存在したフォークソング色の強いグループサウンズ|GSグループ。vo.早川義夫  ジャックス 関連いろいろブログ紹介
ジャックス dot メイのブログdot 2007.02.23 10:41
コメント
ぴんくちぇりぃ様、こんにちは。そして、初めまして。
コメントありがとうございます。

この歌をご存知なのですね。しかも同じ13歳で、大好きと言っていただいて、何だかとても嬉しいです。

『いろんなものをみてみたいんでしょう』
この気持ちは本当によくわかります。
「過ぎたこと」と言いつつも、わたし自身、いまだに考えることです。
きれいなものばかりが見えるわけではないけれど、それでも見えることは素晴らしく、とても幸せなことですよね。
ぴんくちぇりぃさんのように、それが「あたりまえじゃない」と気がつくことは、実は、難しいことだと思います。
でも、「感謝しないといけない」と思うことはないと思いますよ。
当たり前に見えることの幸せを、どうか忘れないでいてくださいね。

長々と、しかもずいぶんとえらそうなことを言いましたが、このへんで。
最後にもう1度、ありがとうございました。

月華dot 2007.06.19 20:42 | 編集
こんにちゎ
はぢめまして。
ゎたしもこの歌大好きです♡
同じ13歳なんです~
この歌(歌詞)を聞いておもったことは・・・
作者のコは 目が見えなくても
ぃろんなコトができることをみんなにうったえたかったんでしょうね・・・
でも 本当は 一度だけいろんなものをみてみたいんでしょう・・・
目があるのは あたりまえじゃないんです
とても幸せなことなんです
わたしは・・・それに感謝しないといけませんね・・・ 
ぴんくちぇりぃdot 2007.06.17 16:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。