FC2ブログ
2012
10.01

アンネの追憶

Category: 映画
台風一過。


映画観に行きたいるなはなです。
ほら、映画館て逃げ場ないから←

先日、「アンネの追憶」というDVDを見かけました。
新作、準新作合わせて4枚で1,000円とかいうキャンペーンというか、そんなもんやってたので、取り敢えず4枚借りなければ、と(そんな動機)
こないだからさんざん話題にしてる「BONES シーズン6」を2枚借りて、あと2枚が「TIME」と「アンネの追憶」の2枚でした。
アンネは今日返さねばいかんのですけどねー(--;


「アンネの日記」は読んでました。本を。何回も繰り返して読んだ覚えがあります。
いつから読まなくなったのかは、定かではない。
ただ、「飛べ! 千羽鶴」と合わせて読んでいたような気がします。
こっちは知ってる人ほとんどいないかな。

基本的にハッピーエンドが好きです。それがただの物語であるのなら。
架空の人物たちも、笑っていれば、幸せであればそれにこしたことはないと思うし、それが現実にあり得ることであるならなおさら。

でも、それはどちらもその少女たちを死へ連れて行く。
涙を流した覚えもあるのだけれど、アンネの追憶ではこれといって涙がこぼれることはなかった。



「神様は善悪を教える。けれど、それを守るか守らないかは、人それぞれの自由なのだ」


正確な台詞ではないけれど、何だか、胸に残った唯一の台詞。

blogramのブログランキング

トラックバックURL
http://gekka131.blog75.fc2.com/tb.php/933-47759c92
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top